OEMの請負は専門メーカーに任せよう|安全な商品が完成する

ウーマン

代わりに輸入してくれる

メイク道具

化粧品を輸入する時、薬事法が関係して化粧品製造販売業の許可を得なければなりません。許可を持っていない場合は輸入ができないのです。そこで、許可を持っていない企業は化粧品輸入代行を利用すると良いでしょう。代行業者は品質管理や通関などの手続きを行なうことが可能です。薬事法の許可を持っているため頼りになること間違いありません。代行輸入することで薬事法の許可を得る必要がありませんし、薬剤師などの人件費も削減できるのです。面倒な薬事申請も行なわなくて良いため、非常に気軽に化粧品の輸入ができます。

化粧品輸入代行をする際は、流れを知っていなければなりません。まず1番最初は製品検討を行ないます。成分分析や商品サンプルの提出をここでは行ないます。分析料金はメニューによって違いますが、約3万円からです。成分分析にクリアした次は、輸入許可の手続きです。この手続きの所要時間はおおよそ2週間です。行政書士事務所が担当してくれます。そして、通関手続きやラベル作成、広告文のチェックなどを通れば無事に化粧品輸入代行ができるのです。

輸入までに時間がかかりますが、代行業者に依頼することで品質管理を徹底してもらえます。安全性の高い化粧品が多くの方の手に渡るでしょう。薬事法に基づいている代行業者だからこそ、リスクも低減させられるのです。
代行業者は徹底した品質管理体制を整えていますので、信頼できること間違いありません。沢山の代行業者がありますので、化粧品輸入代行業者を比較して探してみましょう。